かなり個性が強いLG21という乳酸菌とその理由

人々の健康に対して良い影響が見込める乳酸菌には様々な種類がありますが、その1つにLG21があります。LG21は、数多くの乳酸菌の中でもかなり特殊だと思いますね。なぜ特殊かと言うと、他の乳酸菌と違って胃に対して働きかけるからです。

参考サイト
お肌の曲がり角はUターン【乳酸菌で昔の自分に】

胃ではなく腸に対する良い影響が見込める乳酸菌

そもそも乳酸菌と言うと、腸内環境に関連付けられている事が多いですね。多くの方々が乳酸菌を摂取している理由は、お通じです。最近お通じが少々悪くなってきたので、乳酸菌の摂取を始めたという人々はとても多いですね。

お通じが良くなる理由は、少なくとも胃ではなく腸です。お腹の中の環境が整えられれば、お通じも良くなるのですね。乳酸菌はその腸に対して働きかけるので、お通じが良くなる事が非常に多い訳です。

現に最近のヨーグルトの製品のパッケージでも、腸まで届きやすいという点がアピールされている事が多いですね。

腸ではなく胃の中で活躍してくれるLG21

ところがLG21は、話は別です。その乳酸菌の場合は、胃の中に生息している発癌性のある菌類に対して効果が見込めると言われています。確かピロリ菌ですね。

しかもLG21の場合は、胃酸に対する耐性が極めて高いですね。他の乳酸菌の場合は胃酸で死滅させられてしまう事も多いのですが、LG21は他の菌よりも耐性がある訳です

他の乳酸菌の場合は、胃で活躍するタイプはほとんど見られません。現にそれはネットの検索結果を見てみても、明らかですね。胃の中で活躍する乳酸菌となると、まず間違いなくLG21が検索結果として表示されるでしょう。

このように「腸と言うよりもむしろ胃で頑張っている」のは、LG21という乳酸菌の特徴の1つだと思います。かなり個性が強い乳酸菌と言えるでしょう。

なぜ私はあるお店で見かけた乳酸菌の商品が良いと思ったか

私たちにとって身近なお店では、乳酸菌入りの商品が色々販売されています。本日も私は近所のお店に行ったのですが、ちょっとその商品を見かけました。そしてとても良さそうだと思いましたね。なぜ私がそれは良い商品だと思ったかというと、2つの理由があります。

腸まで届くので良い商品

まず1つ目の理由ですが、腸まで届くことができる点です。最近そのタイプの商品が増えてきているのですが、実は腸まで届くことはとても大事なのです021

乳酸菌は、ちょっと胃の酸に弱いのが特徴です。胃の中には沢山の酸が入っているのですが、あれには菌類の殺傷能力があるのですね。乳酸菌を殺してしまう訳です。それで殺されてしまえば、小腸や大腸などには届かないでしょう。

ところが私が近所のお店で見かけた商品の場合は、その菌類が腸まで届いてくれる ようなのですね。恐らく植物性の乳酸菌を用いているのと、推理するのですが。

腸まで届けば、お腹の環境が良くなってくれるでしょう。

バナナによる効果が期待できるので良い商品

もう1つの理由なのですが、その中にはバナナが含まれているのだそうです。バナナは、腸内環境にはポジティブな効果が見込めるのですね

バナナの中には、食物繊維が非常に多く含まれています。お腹の中の掃除を行ってくれるのがその繊維なのですから、やはり腸内環境が良くなると思うのです。027

またバナナの中には、オリゴ糖も非常に多く含まれていますね。オリゴ糖は乳酸菌のエサになりますので、乳酸菌が活性化される可能性が高いです。つまりバナナと乳酸菌の相乗効果が期待できますので、その商品は良いと思ったのですね。

つまり「胃を通過して腸まで届いてくれる」のと「バナナによる効果」という2つの理由で、あの商品はとても良いと思いますね。

最適な乳酸菌の選別とその為の資料請求

日常生活では、「多くの会社から自分にとって最適な物を選ばなければならない」局面は非常に多いです。普段用いている銀行にしてもそうですね。銀行の数は非常に多いですが、最適な所を選ぶのはとても大事だと思います。
そして乳酸菌も同様ですね。大腸や小腸などにポジティブな効果が期待できる菌類ですが、それも非常に多くの種類があるので迷ってしまっている方々も多いと思います

自分に最適な物を選ぶための資料請求

ところで最適な物を選別する方法の1つに、パンフレットがあります
身近な例で申し上げれば、学校案内のパンフレットですね。お子様が進学しますが、どの学校を選べば良いか迷っているケースもしばしば有るでしょう。しかしパンフレットを無料で取り寄せれば、自分にとって最適な学校も選びやすくなります。要するに資料請求を行って、最適な所を選ぶ方法があるのですね。
では果たして、乳酸菌にもそのような資料請求はあるのでしょうか。

最適な乳酸菌を選ぶためのパンフレット

ありますね。
例えばある会社の場合は、自社で販売している乳酸菌の特徴を説明するパンフレットを取り寄せられるそうです。しかも無料ですね。
パンフレットは郵送になりますので、もちろん住所を入力する必要があります。また氏名やメールアドレスなど様々な情報を送って、乳酸菌に関するパンフレットの取り寄せができるのですね。
このようなパンフレットは、実は沢山あります。このため乳酸菌選びで、パンフレットを活用するのも1つの方法ではあります。
ただその資料請求の場合は、一般個人の方々というよりも、むしろ法人からの需要が多いようです。特に医療機関の方々がそのパンフレットを求めている事が多いですね。歯医者などでは乳酸菌を用いている事も多いですが、パンフレットを用いて乳酸菌を選んでいる所も案外多いかと思います

営業マンの方々が活用している乳酸菌

一部の職業の方々は、普段からお付き合いで飲食をする機会が多いと察します。
例えば営業職の方々ですね。ちょっと会社の売上の為に、取引先の方々と飲みに行っている営業職の方々は非常に多いそうです。現に私の友人の1人も営業職で働いていたですが、毎日のアルコールがとても大変だったと話していたのを覚えています。
そのような方々は、やはり何らかの方法で腸内環境を意識する必要があると思います。

お酒の飲みすぎによる悪影響

毎日多くの物を食べたり飲んだりすれば、それはやはり大腸や小腸に対してネガティブな影響が懸念されます。あまり多くの物を食べれば、ちょっと色々とネガティブな症状が発生してしまうでしょう。
それとお酒の飲みすぎも心配ですね。内科医の方々は患者を診察する際に、アルコールを飲んでいるかどうか確認している事が多いです。つまり内科医の方々は、お酒による胃腸の影響を確認しているのではないかと思いますね。多くのお酒を飲んでいれば、やはり小腸や大腸などに対して何らかの悪影響が発生している可能性があります。
営業職の方々は飲みに行く機会が非常に多い訳ですから、アルコールの影響はちょっと心配ですね。

乳酸菌を常用している可能性が高い営業職

ですので私は、営業職の方々は乳酸菌を摂取している事が非常に多いと思います。乳酸菌はお腹の調子を整えてくれる効果が見込めるのですから、アルコールの摂取などにも耐えられるようになるかもしれませんね。またお腹の中で善玉菌が増えてくれれば、営業職の飲み会などでも問題無いかなと思います
思えば最近は、バナー広告などで乳酸菌のサプリメントがアピールされている事も多いと思います。あのバナーを通じてサプリメントを購入している営業職の方々も、実は案外多いのかなと最近考えています。

乳酸菌を飲むようになってから朝のお通じが大きく変化した私

近頃の私は、昔に比べると朝のお通じが改善されたと思います。原因は恐らく乳酸菌です。
ちなみに改善というのは、お通じが出るようになったという意味ではありません。むしろあまり出なくなったので、とても良い兆候だと感じているのですね。

朝はあまりお通じが良くなかった私

以前の私は、ちょっと朝方はお腹を下しがちだったのです。
例えば私は、もちろん朝食を食べます。その朝食を食べても、すぐに下してしまうのです。朝食を食べて30分ほど経過すると、お腹の具合が悪くなってしまう事が多かったのですね。
その症状はしばらく続きました。もう子供の頃からそのような症状が続いていますので、朝はトイレに行く事が非常に多かったですね。
思えば最近私の知人も、似たような事を話していました。やはり同じような症状を覚えているらしく、朝はトイレに行く頻度が非常に多かったようですね。

乳酸菌の積極摂取でお通じがだいぶ変わった私

ところが最近、その朝のお通じが変化してきたと感じています。朝食を食べても、以前のようにすぐにトイレに行くような事がなくなりました。
ちなみに私の症状は、主に冷えが厳しい日に発生する事が多かったです。やはりお腹が冷えてしまうのは、あまり良くないのでしょう。しかしそれも、ちょっと改善されてきたように思いますね。
なぜそれが改善されたかと言うと、前述のように乳酸菌だと推理しています。ちょっと最近私は色々と思うところがあって、その菌類を積極的に摂取するよう心がけているのですね。最近はLGと呼ばれるタイプの乳酸菌に注目しているのですが。
それを毎日飲むようになってから、だいぶお腹の調子が変わってきたと思います。これは良い傾向だと思いますね。今後もしばらくは、その菌類を摂取するよう心がけていこうと思います。

大豆を用いたヨーグルトの腸内環境へのポジティブな効能

今から確か数ヶ月前の話なのですが、私は近所のあるスーパーに足を運びました。それで乳製品をちょっと見てみたのですが、とても興味深いものを見かけた事があります。
豆乳ですね。ただしそれは豆乳そのものではなく、豆乳を用いたヨーグルトが販売されていたのです。

乳酸菌のエサが入っているので効果が期待できる

私はあの商品は、お腹にとってはとても良い効果が見込めるのかなと今は思います。なぜかというと、乳酸菌と大豆との相乗効果が期待できるからです。
豆乳は、もちろん大豆から作られています。その大事の中に含まれているオリゴ糖と呼ばれる物質は、乳酸菌のエサになってくれるのですね。ですので乳酸菌のサプリメントの中には、ちょっとオリゴ糖を含んでいる物もあります。
豆乳ヨーグルトの場合は大豆と乳酸菌が混在している訳ですから、やはり乳酸菌が活性化されやすいと思います。つまり一般的な乳酸菌に比べると、お腹の中での活躍度が期待できると思うのですね。きっとお通じも良くなってくれるでしょう。

ヨーグルトが大豆の活性化を行ってくれる

もう1つ期待できる要素があって、ヨーグルトが大豆に働きかけてくれる可能性が大です。大豆そのものは十分に人間に対して効果を発揮してくれるのですが、乳酸菌がある方がその効果が大きくなると言われています。豆乳ヨーグルトの場合は、大豆が活躍してくれる可能性も高いですね。それでお腹の中がとてもヘルシーになると考えられますので、あの大豆ヨーグルトはなかなか良いと思います。
ちなみにあのヨーグルトは、色々なお店でよく見かけますね。比較的簡単に手に入るヨーグルトですので、「ちょっとそれを用いてお腹の中の改善を試みてみるのも悪くない」と最近思っています。